• げんき夢こども園:055-268-5577
  • げんきキッズクリニック:055-268-5599ご予約はこちら
image

先日、当院内の「重症心身障がい児日中一時預かり施設スマイル」宛てに、国母工業団地工業会より電化製品が寄贈されました。
市町に対し、27の事業所が賛同して電化製品を寄贈する社会福祉事業が行われています。今回は、昭和町の社会福祉協議会から、当施設が推薦されました。
今後も、お預かりするお子さんが心地よく過ごせるような環境を提供していきたいと思います。この場を借りてお礼申し上げます。

昨年12月25日、NHK『おはよう日本』という番組で「病児保育について」放送されました。
2019年12月25日放送 おはよう日本
げんきキッズクリニック内の病児保育室ドリームにも12月17日に一日取材が入りました。
当日ご利用の保護者の方には取材のご協力をいただき、ありがとうございました。

働くお父さん、お母さんにとっては駆け込み寺的な存在で、子育ての大きな部分を担っている病児保育。
一方で受ける側は7割近くの施設が赤字経営を強いられているという現状があります。
今回2例の施設が取り上げられました。
一つ目は横浜の1日150名、年間7,000名の受け入れを行っていた病児保育室が閉室したことについて、検証されました。
利用者数の変動の激しさ、利用人数が少なくても一定のスタッフを確保しなければならず、経営難による閉室とのことでした。

次に、2018年に山梨県が全国初で広域化(県内どこにお住まいでも市町村関係なく利用できる)のシステムで、先駆的な取り組みをしていることが紹介されました。
病児保育は従来、お住まいの市町村の施設しか利用できないことになっていましたので目に留まったようです。
県が運営するサイトで県内17の病児保育室の利用状況や空き状況が一目で分かり、予約できるシステムになっています。
これは安心して働ける環境にあると利用する保護者からも喜ばれています。
施設側も、利用者数が安定すれば経営も安定するという双方にメリットがあるということでした。
全国で初ということで、当時の県の担当者様の熱い思いと、市町村の関係者のご理解があってこその広域化だと思います。
なかなか山梨県が全国一位になることが少ない中、こういった内容での一位は名誉あることで嬉しく思います。
改めて関係各位の皆様に心より感謝申し上げます。

今後もお父さん、お母さんが安心して子育てできる環境づくりをするために、社会全体で取り組むべきですし、その大切な部分を担う病児保育を県内の17の施設で連携して、質の高い保育の提供に努めていきたいと思います。

いつも病児保育室ドリームをご利用いただきましてありがとうございます。
令和元年12月1日より、以下のように変更させていただきます。

  予約時間 キャンセル料
前日~当日7:29 なし
当日7:30~ 1,000円

  ⇩⇩ 令和元年12月1日より ⇩⇩

  予約時間 キャンセル料
前日~前日22:59 なし
前日23:00~ 1,000円

当日朝6時台のキャンセルが多いため、多くの方にご利用いただけますよう上記の通り変更させていただきました。
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 

ページトップ