• げんき夢こども園:055-268-5577
  • げんきキッズクリニック:055-268-5599ご予約はこちら
image

げんきキッズクリニック

 コロナ過での自粛生活も既に1年となります。人との交流が制限される生活の中で多くの方がこれまで経験のしたことのないストレスをかかえていると思います。一方で、医療従事者を優先とした新型コロナワクチンの接種が開始されました。このワクチンの効果や安全性を考えると前向きに接種してよいのではないかと思っています。多くの方のワクチン接種により、早く終息できる日が来ることを願ってやみません。

今月は命の大切さについて考えてみたいと思っています。令和3年2月16日付山梨日日新聞で「子ども自殺最多479人に」という記事を目にしました。子ども自身が大切な命を自分の力で閉じてしまう「自殺」に関して、皆で向き合っていくことが大切ではないかと思っています。

 

子どもの自殺は増えている

 下記の表のように、山梨県内で5年間(2014~2018年)、自殺した子ども(0~18歳)は12人、うち15~18歳が9人います。現状では県内で1年間の子ども自殺者が約2~3人いて、中高校生が多いという結果です。

全国の自殺者数は2010年から減少傾向にあり、2020年の自殺者数は20,919人でした。しかし少子化にも関わらず10代は増加して、令和2年の小中高生の自殺者数は479人(前年比140人)という結果でした。前年から140人増加していることはコロナ過であることが影響しています。数が多い大人の自殺に関しては社会問題となり減少傾向に向かっています。しかし、子どもの自殺に関しては、いじめに関連した自殺があると多く報道され関心の高まりはありますが、一般的には「子どもの自殺が増えている」ことに関しての社会的な関心が低いのが実態です。

 

山梨県(2014~2018年)・全国(2020年)自殺者数

山梨県内

2014~2018年

5年間

0~18歳

(15~18歳)

12人

(9人)

全国

2020年

全年齢

(小中高生)

20,919人

(479人)

2019年比 小中高生 140人増

 

 

 

自殺に追いつめられる子どもの心理

 自殺はある日突然、何の前触れもなく起こるというよりも、長い時間かかって徐々に危険な心理状態に陥っていくのが一般的です。「誰も自分のことを助けてくれるはずがない」というひどい孤立感、「私なんかいない方がいい」という無価値観・強い怒り・苦しみが永遠に続くという思い込み・心理的視野狭窄が挙げられています。こうした子どもの心理を知り、子どもが発している救いを求める叫びに気づいてください。自殺が現実に起きる前に子どもは必ず「助けて!」という必至の叫びを発します。その子どもに近い友達・家族・教師が耳を傾ける必要があります。

 

学校でできること 

 中学・高校教師の5人に1人は生徒の自殺に、3人に1人は自殺未遂に遭遇したことがあるという調査結果があります。つまり、子どもの近くにいる教師は生徒の自殺・自殺未遂に関わることがあり、切実な問題です。子どもの自殺はいじめが原因と思われがちですが、他の世代に比べて遺書が残されていないことが多く、原因が特定されない場合も少なくありません。子どもと信頼関係が成り立っていると、子どもから「死にたい」と言われることがあります。その際にはまず自分だけで抱え込まず、周囲の教師と話をして学校全体で受け止めることが必要だと思います。そのためにも、日頃から自殺の知識を身に付けながら対応していくことも大切です。さらに、保護者や医療機関などと連携をして組織的に対応することが求められます。決して1人で抱え込まないでください。

 

「死にたい」と訴えられたら

 訴えられた人は強い不安に襲われると思いますが、Tell(伝える)・Ask(尋ねる)・Listen(聴く)・Keep safe(安全を確保する)という「TALKの原則」で対応してください。「大丈夫、頑張れば元気になる」といった励ましや「死ぬなんて馬鹿なことを考えるな」といったように叱ると、せっかく開き始めた心が閉ざされてしまします。徹底的に聞き役に回ってください。

このような場合、学校と保護者だけでの対応には限界がありますので、医療機関へつなげていくことも大切です。本人や保護者が心療内科や精神科への受診に抵抗があるようなら小児科等かかりつけ医へ相談をするような話をしてもいいのではないかと思います。学校側から保護者に医療機関への受診を促しても「家族の問題に口を挟まないでほしい」と言われる場合もあるでしょう。

1~2回の働きかけで諦めず、学校側からの思いを保護者や本人に伝えていただけるとありがたいです。一番は本人のこれからを見守る視点に立って働きかけていただきたいと思います。

 

親ができること

 私も以前に中学生から直接「死にたい」という言葉を告げられました。あまりない経験なので、強い不安がありました。本人からの話を聞き、自分だけで対応することが難しかったため、精神科に受診を勧めた経験があります。そのケースでは、家族がお子さんの安心基地でないこともわかりました。自殺に追いつめられるお子さんは家庭が安心基地でないこともあります。適切に養育できない環境下では子どもの自殺リスクが高まります。家庭内の養育力が脆弱な場合、子どもが安心して生活できるような家庭を築けるようなサポートが求められています。家庭の中だけで対処しようとせずに、学校や医療機関などに相談をしていただくことをお勧めします。

 

参考文献

文部科学省:教師が知っておきたい 子どもの自殺予防 2008

文部科学省:子供に伝えたい自殺予防 2014

臨時休診 病児保育お休み)

 1月:1日(金)、2日(土)、16日(土)
 2月:ありません
 3月:1日(月)、16日(火)

臨時診察 

 1月:14日(木)病児保育あり
 2月:ありません
   3
月:4日(木)、18日(木)病児保育あり

 

 昨年は大変お世話になりました。この度の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、当クリニックにおきましても受診者数の大幅な減少があり、早くコロナが終息することを願ってやみません。日夜、最前線で対応している先生方には心からの敬意を表します。

 さて、当クリニックは一般診療・アレルギー外来・予防接種・健診だけでなく、病児保育事業、小児訪問診療、医療的ケア児の日中一時預かり施設を運営しています。

『アレルギー外来』においては少しずつ舌下免疫療法対象者が増えてきています。

病児保育事業』はコロナ過で利用者が半減、一方でコロナ禍での利用者の約半数が医療・福祉関係の利用者でした。医療・福祉関係に従事しているご両親の負担を少しでも軽減できたなら幸いです。

小児訪問診療』は6年目を迎え、現在1名訪問しています。訪問していたお子さんの看取りを初めて経験しました。難病を抱え、都内の病院での入退院を何度も繰り返す中で、家族のサポートはもちろん 病診連携や医療・福祉各専門職の連携の大切さを学ぶことができました。家族の希望通りに自宅で家族に見守られながら最期を過ごす支援ができました。

医療的ケア児の日中一時預かり事業』については重症心身障がい児の在宅生活は未だサービスが整っておらず、医療と福祉両面の支援の必要性を痛感しています。当サービスは、家族支援(レスパイト・就業等)のためにも継続している事業ですので、必要な方がいらっしゃいましたらご紹介いただければ幸いです。合わせて、病院の先生方に多方面でサポートいただき対応できていることに感謝しております。

これからも皆さんのご指導・ご支援を賜りながら家族に寄り添う小児医療を軸に地域貢献を続けていきたいと考えております。本年も変わらずによろしくお願いいたします。

                                        令和3年1月   

                                        宮本直彦                            

ページトップ